上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに移動しました。結局。

http://springfever.hatenablog.com/
スポンサーサイト
3月はざっくり言うと2つ、の嬉しいことが。

1つは阿佐ヶ谷ライブ「昔 怪奇、今 文化人」の番外編とも言うべき、セクシー川田スペクタクル巨編。セクシー川田さんをメインに据え、阿佐ヶ谷商工会館地下和室等で、3月中に16公演。怪奇メンバーの中ではセクさんと言えば若手の方で、へなへなした弟分の印象でしたが、かなり振り切れた企画のライブ揃いで、主役として輝く姿があまりに逞しく日頃鍛えた腹筋も筋肉痛になるほど笑わせていただきました。これはまた別途振り返ってみたいと思います。が、ネットに適した内容ではないので、そのまま伝えるのはむつかしい。

2つ目は「成金」という落語会。独特な世界観の新作落語で人気上昇中の(←テンプレみたいで、すみません)瀧川鯉八さんを少し前から、ちょこちょこと拝見させていただいておりまして、スケジュールを見た時にタイミングがあったので、ふらっと行ってみたのですが、すっごく楽しかった。



会場は西新宿ミュージックテイトさん、行ってみたらバイタスのあった場所のすぐ裏手でした。
到着が開演ギリギリになってしまって、ほぼ満員状態・・・パッと見てスッと入れそうな席は、最前センターのみで、あまりにも舞台に近く「むむむ」と思ったけど、時間もないので「もうしゃーないっ」と覚悟を決めて座ってみました。


★会場イメージ(列は雰囲気で。しかもズレてて伝わりにくくなってしまった。。)

      □
C|○○○↑●○○|C
D|○○○ ○○○|D 
C|○○○ ○○○|
D|○○○      |扉
C|○○○↑ ―――
D|○○○  |レ
C|○○○  |ジ
D|○○○  |
  ――― ↑
     

●は座ったところ。演者さんが↑の通り、出てらっしゃる。おざぶまで1、2メートル。




2時間後、この席に座った自分を褒めたい!と思うくらい、完全に相手の間合いにどっぷり浸って打たれまくり、KO。完敗しつつも引き続きアドレナリン大放出で、思わず小走りして駅に向かったのでした。

若手さんだけのリラックスした雰囲気で、のびのびとしたまくら、そして舞台との距離も近く、キャパにみっちり詰め込まれて見るのは、今まで自分がお笑いライブを見てきた感覚そのままで見られたので、それがとてもありがたかった。気持ち切替なんてしないで、そのまんまで楽しめた。ああ、こっち側は「キリッ」と構えなくていいんだ、一緒の気持ちで来ていいんだと心から思えた。
(ちょっとだけ、今までは構える気持ちがあったのです。「よし、敷居を跨ぐぞ」みたいな)

特に素敵だと思ったのが、トリの柳亭小痴楽さん。

スススと足音とともに、ふわんといい香りが横を通り過ぎて「何だ、この人!」とビックリ。すげーいい匂いさせて出てくるなんて、想像してない状況だったので、もう面白くて面白くて、椅子から転げそうな気分でした。(実は初見ではなく、他の会場で拝見したことはあったのですけどね、そこまでビックリはしなかった。まあいつもじゃないのだろうね)

くりくりパーマで、まくらで天然(「バ○」とストレートでしたが)のお兄様のお話を始めた瞬間なんて「バ○は、てめーだろ!」と心で即座にツッコめるくらいの、やんちゃな感じがたまらなかった。そう見える魔法がかかってた。

そして、
若くて瑞々しいんだけど、どっかどしっとした部分がある、素敵な(発声によって出された)お声と、
客席の言葉無きツッコミ的な笑い(「プッ!」「へんなのー」みたいな反応というのかな)に反応するタイミング・スピードがすごくナチュラルでライブらしくて、さらに心を奪われました。

出てきた時チャラいんだけど、話し出すと声が良くって俊敏で、だけど噺の与太郎(「磯の鮑」という噺でした)は、とことん与太郎で。ジェットコースター的ギャップ萌えで、楽しかった。これからもちょくちょく見に行きたいし、このやんちゃ坊主(っつっても今いい大人ですが)がどんなベテランさんになっていくのか、長い期間でどう変化していくのか、その辺も楽しみだなと思った。

柳亭小痴楽 wiki
柳亭小痴楽 落語芸術協会プロフィール 趣味も魅力に溢れてます。フフフ
与太郎 wiki

そういや、今まで落語って何を見たかな、と自分のツイッターを振り返ったところ、落語について初めてつぶやいたのは2009年の山里・せきしろライブ「不毛な議論」のネタコーナーでのR藤本さんによる「べジータ落語」だったことが判明。変なところから入った感じですが、べジータ落語はテンションあがる素敵な仕上がりだったのです。

そこから、べジータ落語見たさに、浅草花月での吉本芸人さんによる落語会に行き、山崎邦正さんの落語を見て、とか、GEESEを目当てで行っていた下北沢のライブ「渦」で好きになった活弁士坂本頼光さんのライブできつつき(現・萬橘)さんを見たり、とか、脳みそ夫さんのUstreamにゲストで出ていた、チャーミングな大巨人・鯉八さんを生で見てみたいと思ってみたり、とか。

そうやって今までちょこちょこ見てきて「いいな」と思う気持ちがちょっとずつ貯まり、この日の成金が「奇跡の人」の井戸的な役割で、好きな気持ちを溢れさせてくれたのだと思います。落語会は年齢層が幅広いというか、御年を召した方もガンガンいらっしゃるので、年取るのがちょっと楽しみになりました。やったね。

まだまだ入口、ちょっとずつ、いろんな方を見に行きたいすね。焦らず。

ちなみに「成金」は、落語芸術協会の二つ目(階級。前座→二つ目→真打)で、同じくらいの時期に前座をつとめた「同世代(実年齢ではなく)」数名の皆さんが毎週金曜に行っている落語会。同世代で切磋琢磨する様子(と言っても、何か対決したりするようなわけではないっす)が、去年終わってしまった、マセキの若手漫才ライブ「空飛ぶサンパチ」を見ていた時のワクワク感を再びくれるようで、ありがたいなと思ってます。

攻める若手の美しさを、西新宿のあの場所(サンパチはバイタスだった)に見に行く金曜日。週ごとにメンバー入れ替わりしてますので、6月スケジュールチェックはどうぞ↓素敵な方々が1回で4人見られます。
前売当日ともに1000円 19時30分開演

6日…羽光、小痴楽、松之丞、昇々(主任)
13日…小痴楽、昇也、A太郎、雷太(主任)
20日…羽光、雷太、小笑、松之丞(主任)
27日…柳若、昇也、鯉八、宮治(主任)

私、いつ行こうかなー。
■1月

・ロフトプラスワンの正月興行(といっても5日ですが)、前半がトークライブ、後半がメンバー入れ替えて、演芸コーナーがとても熱かった。永野さん、ザコシさん、殿方さんなど大好きな方々が見られたのに加えて、前半に出演されていたバッファロー吾郎Aさんが後半は審査員席にいらして、そこでコメントを求められた後のやり取りも、心温まる瞬間でした。殿方さんのネタ後に「いかがでしたか?」と振られて木村さん「(殿方さんに)15、6年前に主催ライブに出てもらいたかったけど、連絡先を誰も知らなくて、呼べなかったんです」殿方「東京からホームラン寄席を見に行ったことあるんです、夜行バスで」木村「そのライブです、呼ぼうとしたのは」

このライブの暫く後に、D関に殿方さんが出演されることを知って、ますます心が温かくなりました。「面白い」はいつか繋がるのね。

・浜浜が4年ぶり2度目の出演した「ユリオカ超特Qのおしゃべり検定」へ。昔に比べたら、今は相当おしゃべりするようになった浜浜ですが、未だに「いじりにくい」と言われたりするので、抜群のレシーブ力を誇るユリオカさんにいじってもらっている時間は安心して笑わせてもらいました。天真爛漫・お調子者な浜口さんがしっかりした大人・ユリオカさんのイライラゲージを徐々に上げていく、二人の関係性が凄く魅力的で。

・マセキの(3ヶ月に1回くらい?の)スペシャルライブ「MGC(マセキ芸人コレクション)」へ。ナイツのMCがやはり楽しかった。小宮さんが以前に塙さんから「猫と人間のハーフ」と言われたことがあるらしく、「猫」扱い、猫と遊ぶように遊ばれていたのが楽しかった。塙さんやユリオカさんからいじられている時の小宮さんはアワアワというかデレデレというか、ふにゃんとしていて、たまに見るこういう姿が面白い。事務所の上の人たちと若手ちゃんたちはたまにしか舞台が一緒にならないので、もっと頻繁にやって欲しいなと思う。いろいろ引き出してもらいたい。

・永野さんの単独が、キャバレーだった当時の内装をそのまま残したバブリーな会場で行われた。正月前後にテレビで披露したネタも入れて、タイトルが「キャンディポップ」。ポップ路線を目指したライブ。普通のポップではなく、永野さん流のイカれた(褒めてます)ポップを堪能しました。ネタが面白かったのはもちろん、合間合間のトークもサービス精神旺盛で、永野さんの魅力に溢れてました。モグライダーのことを「練習が見えない漫才で最高」と紹介していたのがとても好きだった。

「練習が見えない漫才」
これはこの時期とても聞きたかった言葉だった。賞レースが終わった直後で、レース対策的なガチガチに作り上げたものの暑苦しさを感じていたからでしょう。シンプルに、バカとかバカに化ける魔法がかかったものを見たいなと思うのです。





・・・そして1月、忘れてはいけないのは、浜浜・ガロインが大阪のライブ(と言ってもこじんまりしたライブ)に呼ばれた時のこと。すごくリラックスしていたのか、つるっと、(他のかたに対して)自由にできるの(←芸風としての「自由」)が羨ましいというような、浜村さんの言葉が胸に突き刺さりました。私は自分が無力であるということを思い知らされ、そして灯台の光は別の方向を照らしているのを感じて、ざぶんと海の上にほっぽりだされた不安感に襲われてしまった。


■2月

 
・R-1は1・2回戦は殆ど行かなかったものの、3回戦(東京初日だけだけど)・準決には行ってきました。決勝に進んだミヤシタさんの快進撃はたまりませんでした。後で、決勝進出の恩恵はほとんど無かったと聞いて、ちょっと寂しくも思いましたが、フリーの立場から、陰気というかクセのあるネタで決勝の枠を勝ち取ったのはものすごく素晴らしいし、夢がまだあるとを感じました。

・某トークライブで、とある方が自分の1年間の芸人としての収入を話しているのを聞いた。金額が少なくて驚く、というようなことはなく想像の範囲内だったけど、「効率」を考えるとどうなのかな、としみじみ考えてしまった。ほぼ客層一緒のネタだけやるようなライブに短期間のうちにバカスカ出まくるのって、身になっているんだろうかと考えてしまった。大きな金額が貰えないなら、せめて、こなしがいのあるライブ、勉強になるライブで時間を使って欲しいと思う。



そして、3月。
3月は(趣味生活の中で)久しぶりの大きな変化が起こった1ヶ月でした。続く。
■11月2

・アンドレ×虹の黄昏コントライブ「宇和島のじゃこ天」が面白かった+映像やら合同コントやらなかなかしっかりした作りで驚いた。会場予約、チラシ・映像作成を所属している軍団のボス、ザコシさんが行ったそうで、愛情たっぷり受けて、素晴らしいライブになっていました。普段の衣装とは大きく異なるYシャツ着るコントがあっても、バカバカしさは失わない、等身大よりちょっと踵浮かした感じが心地よかったですね。ハレであっても、らしさは溢れていた。

・某ライブのエンディング。「(本編には出ていないけど)出たいという人がいるので・・・どうぞ」と紹介されて、出てきたのは少し前に解散を発表し、地元に帰った人だった。最後に挨拶に出てきたのかなと思って、聞いていたら「心配している親の為に地元で働くことにしたけど、『3ヶ月しっかり地元で働いたら、あと1年(だか2年だか)お笑いやっていい』と説得することができた」という報告だった。3ヶ月後に戻ってきたい、それで最後頑張りたいと。ただ舞台上にいた、元相方はそのことを事前に聞かされていなかったようで、とても驚いていた。そのライブから新しい気持ちで走りだそうとしたところだった。

・・・あれから数ヶ月、あのライブ後どのようなやり取りが行われたかは分からないけれど、再結成されることはありませんでした。「戻ってきたい」と言う表情が忘れられません。芸人ではなく芸人に憧れるお笑い好きの少年の切ない表情でした。ただ、そのコンビで数年結果が出なかったこと、別れた相方が新しく走り出したことを考えて、相方の新しい可能性を応援したくなったのかもしれない。まだまだお若いので、これから新しい人生を頑張って欲しいです。

・銭億円のコントが結構好きである。インパクト、パワー、圧倒的にバカバカしい、んだけど、踏み荒らされていない新雪なワード、ちょっぴり知的なワードがひょっこりして、頭を揺さぶられる。踏み荒らされていない言葉を沢山持つ人は、もうそれだけで心を鷲づかみされちゃう。(最近見てないから、見に行かないと)

・三四郎のサーキット、予選でウケた「ばちぼこ(ものすごくの意味)○○」を出していたんだけど、出し方がめちゃくちゃ「置きにいった」感じで、驚いた。「あらまーーーーー」と。三四郎も踏み荒らされてない言葉を沢山出せる人で、それを不恰好(滑舌)だけど、勢い良く放つ姿にジャイアントキリング的なことをやってのけるんじゃないかというワクワク感を感じていたので、ちょっと残念でした。明治安田生命ホールでの2回戦は最高だったのになー。皆ワクワクしたよなー。(2014年5月の漫才はどうなんでしょうね・・・)


■12月

・ガロイン・ランジャタイらの「なんでんかんでん伊藤幸司」がここ最近で一番刺激的なライブでした。ランジャタイがいっぱい喋っていて、今まで私が見ていない姿を見せてくれていた。それから、初めて見る「ペケオーペケ」。古田マンは以前にガロイン主催ライブで見たことありましたが、その相方さんが強烈でした。雪男(ゆきおとこ氏ではありません)というか、山男というか、フランケンというか、もうその辺のイメージの形が目の前に現れ、そんな見た目で、やたらと声高くて、最後には行きつけの風俗の話をするという怪物。コントも漫才も、下手くそではなく、ちゃんとやってるんだけど、何か「変」、異形な感じがまた見たくなってしまう、不思議な引力がありました。

・新ネタ数本やるライブ「ネタ9」、終演後に次回のチケット販売があり、行列が出来ていて衝撃でした。この日見た内容で、次回来るガッツは私にはありませんでした。キャプテンのネタを見ている時がちょっと苦しかった。2本新作1本改作の内訳→①「お金が無い」とはどういうことか説明する漫談②自分くらいのレベルの芸人あるある③(多分これが改作)選挙に出て若手芸人の世界をこう変えたい、公約漫談。最近は「たまに見る」くらいで文句言うのもなんだけど、この感じは、もう切る身が無いように見えて辛かったです。

・K-PROの年末スペシャルライブの「大忘年会」、忘年会らしく舞台上でお酒を飲みながらのトークライブ。浜村さんが結構酔っていたようで、変なタイミングで話出したり、相方浜口さんへのツッコミを超えた強ツッコミでファンながら引いてしまった。「大人なんだから、仕事の場での酒の飲み方を覚えてくれよ」と思うと同時に「飲まなきゃやってらんないよね、今年は・・・」「いやいや、そういうのは裏でやってくれ」と頭の中が混乱し、どういう目で見たらいいか分らなかった。来年こそは良い年であるといいなーと思いながら、ぼんやり数日過ごし年が明けていきました。


さて、2014年ももう数ヶ月過ぎましたので、同じ形(月毎)で振り返り予定。
■9月

・認定漫才師、発表をお台場の会場に見に行っていました。しかし、1発目(芸歴長い順が登場順)で卒倒(イメージ)で、ああまたこれは私の楽しくない感じだなと思って、白目剥いて、しばらく通常営業に戻るまで時間が掛かりました。

・ロフトプラスワン深夜イベント(大喜利道場?名前失念)、がげんなりする内容だった。長時間のライブだから飽きない構成が必要なのに、道場という設定もあやふやな感じで、淡々と大喜利しているだけの印象。解答が良いから耐えられたものの、それならオールナイトでやる意味あるの?という感じ。さらに設備面もよろしくない状態。お題が譜面台にフリップを置く形だったんだけど、「写真で一言」が余程近くでないと映っている内容がしっかり見えないので、MCが口で補足説明をする、とか。解答者にマイクスタンドが無く、隣の演者がマイクフォローしなければならない、とか。芸歴を重ねたお兄さんにマイクフォローさせんなよ(怒)と思う瞬間が多々ございました。

当日スクリーンで店舗の宣伝映像は見たから壊れているわけではないし、イベントによって複数使うことも多々あるマイクスタンドが1個もないとは考えにくく(マイクスタンドが無い会場なら無くて良いけど、この会場はあるの知ってるから)、どういう理由でそうなったんだろうと考えていたけど、とりあえずその不備はライブの内容に悪影響を与えていると思ったので、ツイッターでちくっと文句言ったら、ご丁寧に主催者さまからリプライがございました。ただ想像していた「良い理由(そうならざるを得なかった、仕方ない理由)」の説明がなく「じゃ、何でリプライしてくんの?」という気持ちで余計にがっかりした。申し訳ないけど、お金払ってがっかりするの嫌なので、こちらの主催ライブには行かないようにしたいと思った。

■10月

・ツジカオルコさんのエロストークライブ、AV男優として長年ご活躍なさった方がゲストでいらしていて、「今のAVは高速ピストンばかりでつまらん」的なお言葉が胸に沁みました。AVに限らないことだなと思う。ムードの高め方はお笑いの世界にも通じることだと。

・単独に向けての事前ライブが面白かった馬鹿よ貴方はの単独を見に行きました。以前に見に来た時には短いネタを学習ドリルかのように淡々と行っていく内容でした。今年は事前ライブがめちゃくちゃ面白くて、以前とは違うと思ってたのに・・・やはりドリルでした。何故こんな構成なのか不思議でなりませんでした。もっとネタ数少なくてもいいから、コントはそれなりに衣装を変えて、漫才は長尺で、魅力的なキャラクターをアピールして欲しかったな。勿体無い。

・行けなかった「同期の動機」(シェーン梶本さん・バイきんぐ小峠さんのトークライブ)が今月最終回、かつ梶本さんが引退することを知って、すごく切ない気分に。中野Vスタジオで1回目から、しばしば行かせて頂いていたトークライブでした。二人だけでひたすら面白いトークをするライブ。お二人のトークの熱さ、そして一方の話すことに対して激しく同意したり、全然同意しなかったりの反応も面白く、いつもワクワクする時間を頂けたライブでした。あの激しいトーク合戦は記憶からそう簡単には消さないようにしたいと思う・・・しかし、決意しなくても、ちょっと頭をまさぐれば、まだまだいろいろなことが鮮やかに蘇ってきます。オールナイト、かじ鍋、しっとりきなこ、ダイドードリンコ、ホンジュラスVSチリ、ヤナギ、素敵な将軍の話。本当にありがとうございました。今後こういうライブにまた出会えるのだろうか。

・中山功太さんの単独ライブに久しぶりに行きました。「独演会」という名称のライブも少し前にあって、行きましたけど、コントライブは多分久しぶりだったじゃないかと思います。そして、内容がなかなか良かった!お痩せになって見た目がすっきりしたというのもあるけど、コントの設定やら個々台詞やら素敵な切り口で、闇から抜け出しつつあるのを感じました。大阪の頃のキレキレの感じに戻ってきているのかなと嬉しく思うのと同時に、これからきっと闇を経験した分の厚みが徐々に出てくるんだろうと思うと、やはりこの方からは目が離せないと思うのでした。

■11月

・今月でマセキ「空飛ぶサンパチ」が最終回、すごく楽しかったのだけど、ちょっとだけ「ハッ、この楽しい時間って永遠じゃないのね」とドキッとさせられる時間があって、胸が苦しくなりました。しかし2日後の「ライジングオレンジ」では、そんなこと吹き飛ぶくらいのバカバカしい企画があり、ゲラゲラ笑って、今後のことは考えず今あるものを1つ1つ楽しんでいくことにしようと決めた。

・久しぶりに行く「天狗の鼻ボキライブ」は当たり屋気分で伺ったので、覚悟はしていたんだけど、やっぱり苦手なところがあって、やっぱり暫くはご遠慮したいかなと思った。それは、モダンとしさんのMC。2回大きくぎょっとしました。1回目はトークコーナー、事前アンケートでお客さんからの際どい質問にノリノリで答えようとするさらばに対して「さらばさん、優し~」。2回目は投票結果発表、発表するまでの【ため】で舞台の上を踊るように動くとしさんに、浜口さんが近寄っていって、暫く目をしっかり見ながら向かい合って、どんどん距離が近づいて「何するのかな?」と思っていたら、浜口さんがとしさんの鼻をカプリ。そこでとしさんがさっと翻して「潔癖症なんで」。1も2も、もっと素敵な、気の利いた一言って無かったのかなと残念に思ってしまった。さらっと言い放つ姿が面白いと思えるほどの【わざとっぽさ】も特になく、ただただつるっと出てきた感じ。

自主ライブでの、としさんの同・後輩、身内をビシビシやっつける姿は好きだなと思っていたけど、そうでない場合はあんまり適していないなと感じました。私が見た時がたまたまそうだったのかもしれませんが。

11月もうちょいありますが、続く。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。