上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週はザマンザイの結果にめっこりへこんでましたが、今週はそれなりに振り返ってみます。ただ、まあ薄いですよ。では。


8月25日(日)~8月18日(土)

25日 ダイナマイト関西

これは行った人のレポが結構あると思いますので、そちらをご参照ください(逃げ)。絵解答が光るお題が多く、そして質も高く、漫画家の皆さんの魅力を引き出す素晴らしい大会だったと思います。(決してゆるかったというわけではなく)D関のお友だち紹介というような、そんな雰囲気でした。そんな漫画家さん多数出演の中、麒麟川島さんのスピード、画力はすごかったですね。川島さんは9月21日中山功太さんのオールナイトライブにゲスト出演が決まっていて、大喜利対決があるそうです。そちらも気になりますね。

あと好きだったのはサバイバルマッチ。春菜さんVS森繁さん、くーちゃんVS小田さん(くーちゃんが笑顔の小田さんに一方的に仕掛ける「じゃ、(ポイントを奪うのは)小田ちゃんで!)という因縁(良い意味。こういうのがあるから盛り上がる)も生まれ、面白かったですね。芸人さんチームのメンバーチョイスが素晴らしかったです。

25日 ハリウッドNIGHTフロムヘル

毎年恒例ハリウッド軍団のオールナイトでした。今年はお客さんが例年より多い気がしてちょっと驚きました。驚きはしましたが、嬉しかったですね。体力は消耗しますが楽しいライブなので。

個人的にここのオールナイトの好きなところはぶっちゃけトーク。ぶっちゃけは単に暴露というだけではなくて、真面目な芸の話なんかも聞けることですかね。去年の夏オールナイト(冬は年越し)はKOC準決勝が終わった後で、非常に惜しかったというバイきんぐの感想がとても興味深かったです。

他に記憶に残っているのは裁判企画で「パクリ疑惑」を指摘したのとかですかね。個人的にもモヤモヤしていた問題だったので、舞台上でズバッと言ってくれてスッキリしました。こういうのは好き嫌いが激しいと思いますが、私は好きです。自浄作用みたいに思ってます。

今回も「スーパー下克上タイム」として舞台上に出演者大半が勢ぞろいし、後輩から先輩へ日頃の不満を言うコーナーがあって、今回も面白かったですね~。個々の内容も面白かったし、コーナー〆でザコシさんへ後輩皆さんの意見として→「いつになったら売れるんだ。あんたが続けているから、俺たちは辞められない」なんてちょっと感動しちゃうようなオチを用意してくれて、どぎついコーナーながらも清々しい気持ちになりました。

数十人が集まって、一斉に話すというのは普通のライブならエンディングくらいだと思うので、こんな贅沢な時間の使い方が出来るのは常設の劇場がある事務所ならではですね。生意気な言い方になってしまうけど、大人数の中で自分がどう立ち回っていくか、良い修行の場になっているんだろうなと思います。ガヤとか自分のキャラ(いじり役・いじられ役等)をどうしていくかという。ここで鍛えられて、そのうちテレビで活躍する姿を見られるといいなと思います。

下克上タイムではないフリートークコーナーでしたが、元相方であるジャック豆山さんのデート商法ひっかかった話をとても嬉しそうに聞く、黒いキャプテンも最高でしたね。顔を手で覆いながら爆笑する黒キャプちゃんをまた見たいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はっ!1日しか振り返れてない!以下はちょっと駆け足ですみません・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

26日 新宿GOGOLIVE

今回のメンバーでは最後(次回は入れ替え戦)ということでユニットコントがあり、それが面白かったですね。3組のうち、お客さんの拍手投票でも1位だった2組目(三四郎相田、ジプシーダンス篠田、浜口浜村浜口、シーランド宇田川)が特に面白かったです。修学旅行が突然バトルロワイヤルになってしまったコント。相田さんのたけしモノマネで始まって、死者を蘇らせてラジオ体操で終わるクレイジーぶり。普段ネタ作らない皆さんならではの、奔放さがめちゃくちゃ楽しかったです。与えられた武器とかもすごかったもんな~。

26日 若武者

上位となった組は個性というか主張がものすごく強くて面白かったですね。「これを見ろ!」という感じの迫力で、見に来た甲斐がありました。お陰でコーナーや結果発表がたまらなくガチャガチャしてましたが、それもイキのよさ。1位三四郎2位ドリーマーズ、浜浜「プシー」で3位でした。モグライダーも個人的にはすごく面白かったけど、6位に入れず残念でした。この日は認定漫才師発表翌日で、上位と言えど落ちてしまった組ばかりで、爆笑しつつもちょっと切なくなりました。こんなに面白いのになんでかしらと。

26日 ヘビセンライブ

若武者と同じ会場で19時開演でしたが、お客さんの数がかなり減っていたのが印象に残っています(嫌なヤツですね。。)

このライブはモダンタイムス目当てで行ってきました。モダンが所謂ノルマライブ以外のライブに出ることってそんなに多くはないので。

コント「モダンを通り過ぎた男達」でした。モダンを通り過ぎた男達って勝手に私がそう思っているだけのタイトルで、同じシチュエーションをさまざま系統の芸風でやってみせるコント(ああ、細かく書いてすみません)

ライブ全体が結構盛り上がってたというのもあるんですが、なかなかウケてて、嬉しいけど実は胸がキュッとしました。モダンはKOC準々決勝で残念ながら敗退してしまったのですが、今日これだけ出来るなら準々決勝はもっと暴れることが出来たんじゃないかと思ったのです。

やりたいことがつまってる代表作(って書き方も変?)「ミトコンドリア」で過去に落ちたりもしたけど、これまたやりたいことがつまった「ポップジャム」でM-1の3回戦ルミネに悲鳴を発生させた、あの場荒し力(そんな言葉ない)はものすごく記憶に残っています。こういうのはなかなか他の人に出来るもんじゃないと思っています。KOC終わった直後にごにょごにょ言っても仕方ないけど、いつかまた大暴れして、掻き回してくれるのを期待してます。頑張って欲しいですね。

ーーーーーーーーーーーーーー

結局2日しか振り返れず。続きはまたの機会に。1週間お疲れ様でした。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。