上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとっつも進みませんが。。。

■7月

・グレープカンパニーの企画ライブ「Gスクールライブ」が面白かった。芸人さんの基礎的な科目、一発ギャグや、すべらない話などを得意・不得意関係なく、チャレンジしていく企画ライブ。普段シュッとした人が一発ギャグに苦戦する姿をニヤニヤ眺めたりするのも好きなんだけど、この日はあらゆる科目で笑いをかっさらう浜辺のウルフさんがとてもかっこ良かった。トリオ時代はこんなにスマートにこなせる方だと思っていなかったので、あらゆる場面で驚いてしまう。グレープは芸歴積んだ人たちの中にポッと芸歴が浅い人たちもいるんだけど、この中で一緒に揉まれたら上手になるだろうなと期待が更なる満足度に繋がる。ベテランの方々も若手に刺激を受けてる感じしますが。

・マセキライジングオレンジ、ベタですが、シャッフル企画が良かった。浜村×福田が一番雰囲気が好きだった。浜村さんぴったりのホラー的な(「八つ墓村」元ネタの件)テーマで、福田さんが茶々入れるカントリーズのネタの感じで。

映画監督の園子温さんがインタビュー記事で、いつかあの事件を描きたいと仰っているのを読んだことがあって、顔を作りながら漫才をする浜村さんを見た時に、それを思い出し、「主演どうかな」と思った。(その少し前に「丑三つの村」という同じ事件をモチーフにした別の映画を見た時から、似合いそうだなと思っていたのです。。若い時の古尾谷雅人氏が美しくてね、良いんです)

・馬鹿よ貴方はの、秋の単独をより楽しんでもらう為の自己紹介的な「サンプルライブ」が面白かった+衝撃が沢山あって震える。自己紹介トークはお二人のキャリアのスタート(新道さんが日活の俳優養成所に行ってたのが面白かった)~コンビの出会い~事務所ジャーニー(現在)まで。それから今思っていることを二人で喋っているのも興味深かった。あんまり仲良しなキャラじゃないので。

ネタの危なさはTVに出す人がカットしてくれればいい、自分たちで小さくしてしまわないようにと仰る新道さんが頼もしくて、さらにゲストさまを強くいじれるハートがすごくて、びっくりした(この日のゲストはEテレバリバラ等でご活躍されている方、お名前を失念してしまいました)。しっかり強めにツッコんでも、ゲストさまも客席もしょんぼりしちゃわないところをちゃんと分かってる。この人たち強い!同じくらいのキャリアで、同じように出来る人がどれだけいるんだろう、震えましたよ。

・今月のおしゃべり検定は三四郎と日本エレキテル連合。当時もなかなか「おお!」というキャスティングですが、現在は「おお!!!」な感じでしょうか。三四郎小宮さんは、いじられて、逆ギレみたいなところをお見かけすることが多いのだけど、ユリオカさんのツッコミというか「追いつめ」には「ヘラヘラ」「タジタジ」な感じになってしまっていて、それが新鮮でめちゃくちゃ楽しかった。「そういう扱い方もあるのか」と勉強に(?)なるありがたいライブ、おしゃべり検定。

・久しぶりに拝見したぽ~くちょっぷ関さんのフリートーク時のちょっとしたやさぐれ感が、漫才に昇華されたらいいのに、そんな姿を見たいな~と思う。

・大喜利倶楽部(今は休止状態)という大喜利ライブを初めて見に行く。グレープカンパニーの皆さんを中心にしたメンバー。もう少し細かく言うと、今グレープだけど元大阪吉本のメンバー(ぱわぁすぽっと松本さん、浜辺のウルフさん、アボカドランドリ桝本さん、田中光さん等)に、同じく元大阪吉本の他事務所メンバー(ネコニスズヤマゲンさん、あゆむひかる上田さん、ときん石田さん等)にグレープの若手(あがすけ等)が入ったり、という形でしたね。一度だけグランジの五明さんがゲストにいらしたこともありました。

この時スタートから2回目くらいだったのかな。まだお客さんも少なくて。シンプルに7、8人で大喜利をバシバシ答える90分。かなりのハイレベルな回答連発で、いつの間にかライブがなくなって、すごく残念に思っています。光さんはIPPONグランプリの予選的番組にもチラッと呼ばれることがあったりして、既に大喜利で活躍されてますが、ここでウルフさんやヤマゲンさんの面白さにはまりました。ウルフさんは変幻自在で、流れを作り出したり、スッと新鮮な感じを入れたり、場におひとりいらっしゃるとさまざまな役割を担ってくれて、ライブとしてきっちり楽しめるものになる、そんなスマートさが。ヤマゲンさんは絵回答。現在イラストの仕事を多くなさっている光さん程ではないかもしれないけど、回答頻度の絵率がなかなか高かったヤマゲンさん。どれも味があって、むちゃくちゃ面白かった。

・この月の空とぶサンパチがサンパチの歴史の中でも一番良かった回じゃないかと思う。投票により優勝者を決めるプチ大会。予選は新ネタ限定、ベスト3に入ると最終決戦でもう1本、これは新ネタに限らずベストなネタを。優勝はモグライダー。浜浜・三四郎が他ベスト3でしたが、最終決戦の火花散ってる感じがたまらなく好きでした。浜浜は2本とも新ネタだったようで、2本目の「沖縄に行く方法」が特に面白かったです。単純にネタが面白かったというのと別に、賞レースというよりは単独でやりそうな「かっこつけ」があったネタで、そんなかっこつけたネタを、優勝者を決めるライブというハレの舞台にぶつけてくるというところも面白かったです。勝ち負けというより、まずは「これがオレ達の漫才だ!」という心意気が好きでした。

続く
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。